| ホーム |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RWメディアの使い方

RWメディアの使い方

DVD-RW、DVD+RW

という、再書き込みが可能なメディアがありますが、
どのように使われるのでしょうか?
また、どれくらいの耐性があるのでしょうか?

規格上、これらの耐用回数は、1,000回と言われています。

記録方式は、相変化

ハードディスクや、フラッシュメモリのように書き込み/消去がランダムに行えるわけではなく、
一般には、DVD-Rのように、ディスクに書き込み、追記のみ行えます。
そして、消去する場合は、ディスク全体を消去することができます。

消したいところだけ消せるわけではなく、全体をフォーマットする形になりますね。

ただし、ソフトを使用すると、HDDやUSBメモリと同じように使用することが可能です。
ただ、互換性がなくなり、同じソフトが入っていない場合、データを見ることができなくなります。

ということで、一時的なバックアップや、短期間のデータの記録
データの受け渡しなど、のちに、不要となるデータの場合、このようなRWメディアがよく使われます。

中身を理解し、有効に活用しましょう。

また、メディアを購入するなら、パソコン工房をどうぞご利用ください。

スポンサーサイト

メディア 書き込み速度

メディアの書き込み速度

CD-R
DVD-R
BD-R

色々なメディアがあり、色々な書き込み速度があります。
でも、この書き込み速度って、一体なんなのでしょう?

それぞれのメディア、容量が異なりますが、

1倍速=60分

となります。
ということで、他の倍速の場合

2倍速=30分
4倍速=15分
6倍速=10分
8倍速=7分30秒
12倍速=5分
18倍速=3分20秒
24倍速=2分30秒
48倍速=1分15秒

となります。

書き込み速度は、次の3点を基準に決まります。
・ドライブの対応書き込み速度
・メディアの対応書き込み速度
・ドライブとメディアの相性

ドライブの書き込みが8倍速、メディアは16倍速対応
だから、8倍出るか?といったら、相性によります。

8倍速出る場合もありますし、6倍速までしか出ない場合もあります。

激安メディアほど、安定しにくい傾向があります。

以上、メディア買うなら
パソコン工房でどうぞ。

プロフィール

DVD de Game

Author:DVD de Game
ここでは、使用方法によっては違法行為になる恐れがあるソフトウェア・Webサイトが含まれている可能性があります。
本サイトにて掲載している情報は、決してその行為を推奨・助長するものではありません。慎重なる検討を行い、ご自身の責任においてこれらの情報を活用してください。
また、本サイト内に掲載している情報を使用したことによる損害等については、一切の責任を負うことができません。
全て同意の上で本サイトを閲覧してください。

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

最近のトラックバック

FC2カウンター

2008年5月以降からあなたで

名の方が訪問されました。 いつも訪問ありがとうございます

AddClip

DIMM

オンラインレンタルするなら/DVD購入するなら DIMMが一番です。

実は、ツ○ヤよりも本数があるんです。

アダルトタイトル数 No.1
DVDタイトル数 No.1
貸出保証作品数 No.1
CDタイトル数 No.1

アダルトブルーレイはここにしかありません

会員登録は無料です

Google

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

QRコード

QRコード


| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。